NS Analog2011

えっと。
とりあえず体が壊れると同時にそれ以上にメンタルがボロボロになって「もうチャリ、だめだ」が口癖のTENGU CYCLEの群馬カルヒーのしれーーーっとかえたNSのAnalog2011 Freamですよ。
Analogといえば去年に「あのフレームはつえ~し、かり~」って一部の人達を(あたいも含む)虜にし浮気させたというあのAnalogなわけですが、こんな感じ。ちなみにiPhoneで撮ったから画像に期待しないでください。

IMG_6287.jpg

IMG_7004.jpg

IMG_5042.jpg

IMG_1985.jpg

IMG_6398.jpg

見ての通りスローピングがついきー。
2010との違いがBBハイトが高くなり、シートチューブが短くなってたこと。
なのでダブバセのスターリンのSとMの間?くらいなんかな?いや、Sくらいかな?
なのでスターリン乗りにくいと感じた人にはちと乗りにくいかもこれ。

ちなみにカルヒーのアナちゃんはSサイズ。
しかしこれ全体的にさらにコンパクトになってやす。
フロント三角はまぁいいとして、リア三角。こちらがコンパクトになってやす。

写真二枚目のようにシートステーは2010よりトップチューブの上の方まで伸びてきてる。
これは完全に強度確保。
で、実際2010と並べるとチェーンステーが短くなってる。ブリッジの入ってる位置が2010より前なんさ。その分リアが前に詰めれるようになってるんさ。実際カルヒーも半駒チェーンが1駒?2駒?縮まったっていってた。

んでリアエンドが長くなりました。しかもご丁寧にNSの彫りも。

んでもって気になるタイヤクリアランス。これはチェーンステーが2010よりつぶしが入ってました。
写真4枚目にものってますが、つぶしが2010より大きくというか、いっぱいつぶしてるのね。
でも個人的にその分ブリッジが前に詰まって、ホイール自体も詰めれてるし、全体的にコンパクトになってるから結局強度的な物は2010と一緒かとおもとります。

問題のタイヤサイズはやはりの38C。
チェーンステーは前よりちょい広やけどシートステーの幅が前と一緒やから結局38C限界よろしく。

足の干渉度は写真5枚目の通り前回よりほんの気持ち広くなってるかな。ちなみにカルヒーのセッティングはDo A Trickでランドナー40Cで写真5枚目な感じ。

個人的には乗ってみて、やっぱサドルがあそこまで低くなると乗りにくい…
軽さはだいぶ軽いからバニホはいいと思う。
あとコンパクトやから回しやすい。

って感じですかね。
スローピング避けたい人はちょっとあれかもね…
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。