700C fixedの行方

ちょいちょいちょーい。
もう今の海外fix界はどうしてしまったん?

とりあえず見てみましょう。

まずはこれ。

668CompleteStudio.jpg

Traitor Cyclesの668 prototype.
これは26インチ700C兼用フレーム。26なら2.1まで。700Cなら38Cまでのようです。
まだ700Cがいけるならオッケーかな~

じゃあ次。

これ。
Picture-206.png

Alpha Lab 26" fixed.
でたよ26"専用フレーム。
もう結構ちっちゃいな~
これ実際見たら想像よりちっちゃいと思う。
で、シートの曲げはやっぱ必要になってくるのね。


じゃあ次。

これ。
Stevens-Vandal.jpg

vandal_complete.jpg

Steven JensenのVolume Bikesの26"フレームVANDAL

ないっす!ないっす!ないっす!
もう26MTBかBMX乗れ!ってなるよさすがにこれは。

あたいだってスローピングフレームでBMXにも浮気したけどさ~
さすがに700Cではありたいし、BMXはBMXとして楽しんでたしさすがにFixedでこれはないわ~

フレーム自体がコンパクトなのはいいことなのよ。でも26"でここまでちっちゃいとMTB乗った方が楽しめること間違いないやろ~
それなら一時期流行った某W-BASEさんのダーカスちっちゃいサイズ乗るとかの方が全然マシ。

そりゃあ26"のメリットは700Cに比べれば腐るほどあるで。実際乗ってみたら案外乗りやすくていいって感じもありますよ。でもせっかく今までなかった「700C fix」でのトリックなんやからそこはさ~
だっていえばBMXライダーがfixフレームに20"ホイールはかせて「のりやすい~」って言ってるようなもんやでこれ。さすがにそれはBMX側としても「じゃあ700C乗れば?」ってなるやん!実際はないけど…

ああ~こわやこわや…
海外の皆さんダーカスちっちゃいサイズにしましょう。

Fixedはどこへむかっているのか…
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。