BeeGomaについて

今日昼間代々木公園で練習でBeeGomaもちょこちょこやってたけど、ついに1440°メイク。
もう最近エンドレス化が見えて来てるんですが、ありゃやっぱ足の踏み位置と車体の角度がマッチすればエンドレスは可能と思う。

結構やってくれてる方もいるんですが、見てて多い例が離したほうの足(回転の外側)がまだペダル近くに足が残ってるのをよく見る。

あたいの場合は足が残ってるとバックを踏むとこで力が入らないのと何より回転力が失われる。
やから、外側の足は降りる時の様に極力中心(チャリを正面からみたとき)まで足は持ってくる。要は足を外側に残すとダメ。

あとペダル位置は残すほうの足のクランクが大体水平になるちょい手前(18分~21分あたり)になるようにするのがベスト。

クランクが上に来すぎるとバック踏みすぎて吹っ飛んでしまう。

あとはハンドル切る角度。
始め入る時はロールバックのフロントがジュリって地面にくっつく感じのところまで切る。

ロールバックみたいに引っかかった感覚が出た瞬間に車体を少し外へ倒し、ハンドルをスライダー並みに切って引きつける。

このときあたいは左回りなので右手はサドル、左手はハンドルの状態。

また引っ張るときただ引っ張るのではなく、ハンドル握ってるほうの手は大きく円を書く様に引っ張りつつ足で踏ん張るとフロントの加重が軽くなって戻ってきやすい。

あたいは足はペダルに乗せて踏むというより踏ん張ってるだけで大概はハンドルの引っぱりで戻って来てる。

切って引っ張るときに車体を倒すのだけども、このときサドルをつかんでる右手はサドルをほんの少し外側へ押してやるだけ。
要はこのサドルの押し具合で戻ってくる時の車体の角度をコントロールするうぇ。

最後の最後座る時は、サドルを持ってる右手をオマタに押し込んであげるだけ。
車体を倒しすぎるとこのオマタ戻しができない。

360°以上回る場合はオマタに戻さずそのまま戻って来た勢いで足の位置が踏みやすいところまで少し走らせてやるとオーケー。
あとは上記の繰り返しでエンドレス!

あたい説明下手やから口では言いにくい…とりあえずやってみて!

それじゃあみんなもレッツエンドレス!

BeeGoma. by Bee from ryo ubota on Vimeo.

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。